ジェンダー

私たちの生活の中で身近に観察・経験できる性別規範のうち、男性稼ぎ主モデルの成立に寄与していると考えられるものは、女性は化粧をしなければならない、または華やかな格好が好ましいといった「女性は美しくなければならない」というものである。つまり、女性は美しさで価値が決まるという性別規範である。
女性は美しくなければならないという性別規範は、多くの女性たちの行動を構造化している。まず、化粧の問題に関しては女性の身だしなみの一つとされている。社会に出ると、職場の雰囲気に合った、華美でない化粧はマナーである。私が以前働いていたアルバイト先でも、アルバイトであっても社会に出て働くという点では社員と変わらないからマナーは同じであると、化粧がされているかどうかチェックされることがあった。当然これは女性だけに課されたマナーである。食品を扱う仕事であれば、''余計なもの''を顔に付けていることは衛生面への配慮や異物混入の危険性防止で避けられてもいいように考えられる。しかしホールで料理を運ぶ女性はほとんど化粧をするように教育され、あるいはしていても注意されることはない。女性は美しくなければならない、身を飾らなければならないものなので、化粧はするものだという規範が、我々の中の合理的な思考に勝る力を持っているともいえる。
そして、化粧はマナーと言われるほど欠かせないものになっているので、何もしていない状態でいるとまるで恥ずかしいことのように感じる習性も作られていった。化粧をしていない日はマスクで隠さなければならなかったり、親しい中でなければ化粧をしていない姿を見せられないという人は身近にも多く存在する。また、例えばニキビができた時、男性も気にはするだろうが、特になにか対処をすることは少ない。女性の場合はどうにかして消さなければと考える。化粧や薬、マスクや髪で隠したり、家に引きこもり人と会わないようにしたりする。これらの対応は女性に多くのストレスを与えている。恥ずかしいという気持ちや、隠さなければならない面倒くささ、時間もお金もかかり、他のやりたいことへも影響が出る。知識も必要である。どの化粧品が一番良いのか、雑誌や口コミ、実際に試すことで質の良いものを選び抜かなければならない。良いものを集めても、それを使う技術がなければならない。練習も必要となってくる。女性は美しくなければならないという規範は、もちろん顔のみ対象としているわけではなく、体の隅々まで対象となる。そのため、それぞれにコンプレックスがあり、先ほどと同じように時間やお金、知識、技術が求められる。こうしたニーズに合わせて、まつ毛エクステやアパレルブランド、ネイル、エステ、ヘアサロン、化粧品メーカー、脱毛、美容外科も発展していっている。
このようなことから、女性は好きだから見た目を美しくしなければならないと思っているわけでは必ずしもないといえる。女性の行為が見た目を気にするように構造化されているのは、女性は美しくなければならず、そうでなければ価値が低くなってしまうという性別規範があるせいなのである。
「美しくなる」という行為の構造化が男性稼ぎ主モデルの成立に寄与している理由は二つある。一つ目の理由は、男性の価値をお金の有無で判断する性別規範が生み出されるからである。男女がカップルになり、デートをすることになった時、女性はオシャレにお金がかかっているのだから、男性は女性が美しい姿でデートに来てくれたお礼にご飯を奢らなければならないという話をよく耳にする。これは女性が美しさを保つのにいくらかけたのかは関係なく、全くお金をかけていない場合でも適用されてしまう。奢る金額が高額か低額かも問わない。男性は女性にご飯を奢るものだという新たな性別規範が生まれてしまっているのである。これにより、男性はお金を稼いで女性を食べさせていくものだという概念が作られていく。また、男性は奢るためにお金を持っていなくてはいけないという意識が生まれる。女性から見た時、男性が奢ってくれる金額が大きければそれだけいい相手のように感じることがある。ご飯に限らず、良いものをプレゼントしてくれる相手は、美しくありたい女性を支えてくれる存在となり得る。ゆえに、お金によって男性の価値が決められる理由の一端がここで担われることになる。お金によって価値が決められるのであれば、男性は働くしかない。できる限り多く稼ごうと思えば、長時間労働が基本となっていく。男性の長時間労働によって女性が支えられる様子は、まさに男性稼ぎ主モデルそのものである。
二つ目の理由は、女性を安定した職に就きにくくさせるからである。美しくあるために必要な時間、環境がある職場は限られている。理想を追うほどに自然な姿ではいられなくなり、過度な装飾が欠かせなくなる。そうなると、顧客の信頼が大事な企業や教師や公務員といった仕事に相応しい身なりが求められる職は選択できなくなってしまう。望んでいる美しさが保てる職場は、芸能界や美容関係など、成功するかどうか不確かな不安定なところが多く感じる。満足な賃金が得られなければ、誰かに支えられなければ生きていくことができない。ゆえに、結婚し、男性を主な稼ぎ主として依存する生き方をしなければならなくなってしまう。
以上の二つの理由から、男性稼ぎ主モデルの成立に寄与していると考えられる性別規範に「女性は美しくなければならない」というものが挙げられる。