ちょさっけん

著作権法は、文化の発展のために設けられたもので、それには権利制限がある。制限規定された権利の範囲外では著作物の自由な利用が認められており、権利の範囲内では著作者の許諾がなければならない。
図書館等における複製は、著作権法第31条によって、図書館のもつ公正性により著作権者の権利を一部制限しているので許諾の要なく複製をすることが可能である。
31条においては、図書等の資料を公衆の利用を目的とする図書館その他の施設で政令が定めているものである公立図書館や大学図書館等では、営利目的でなく、図書館等で所蔵している資料であれば以下の条件で図書館等の資料の複製が可能である。一つ目の条件は、「図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合」である。公表された著作物の一部分とは、半分を超えない範囲であると指定されている。定期刊行物に関しては、発行後相当日数とは次の号が出るまでと言い換えることができ、通常の販売経路による入手が困難となった場合に定期刊行物の中の個々の記事・論文が丸ごと複製可能となる。この時、雑誌が一冊全て複製可能というわけではないので注意が必要である。
二つ目の条件は、「図書館資料の保存のため必要がある場合」である。長年使っていると、紙の媒体は汚れや破損等ができるので、その汚損が激しい資料に限っては複製が可能である。
三つ目の条件は、「他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合」である。
また、38条ではこちらも著作制限により、営利を目的としない場合においては映像資料の複製物の貸与が可能であるが、映画の著作物においては別である。補償金の支払いが必要で、著作権法施行令によって映像の著作物の複製物の貸与が認められる施設は定められている。その中で、図書館での複製は公共図書館では認められている。大学図書館では許諾があれば認められることになっている。