読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れぽぽぽぽぽ

1872年以降から、多くの病気が連続して彼の生涯につきまとっていたのだが、1879年にはそれがますます悪化していった。加えて世間嫌いの病気や人付き合いの困難、友への過大な要求があり、ヴァーグナーのみならず師リッチェルやローデ、ゲルスドルフとの関係も疎遠になっていった。しかし代わりに得た友人もあった。その中のひとりであるペーター・ガストは、ニーチェの著書や講義、個人的な付き合いを通してニーチェを崇拝するに至り、ニーチェも彼の音楽家としての才能や人間性に魅せられていった。彼は後にニーチェの口述の筆記や印刷前の清書を書き上げるなどの奉仕で、絶対に不可欠な存在となった。
ニーチェは悪化していく病気のためにガストの他にも、自らの世話をしてくれる人を必要とし、それを妹のエリーザベットが引き受けるようになった。それでも不安定な生活であったので、この問題を解決するべく、生活に安定をもたらすために1867年、オランダ娘マティルデ・トラムペダッハに手紙で求婚した。しかしこの求婚は失敗に終わった。
結婚の話がなくなり、1878年にはニーチェの面倒をみてくれていた妹が母の元へ行ったきりになってしまい、さらには1879年のはじめに激しい頭痛と眼の痛み、絶え間ない嘔吐を伴う発作が頻発し、容態が悪化の一途を辿っていた。ニーチェは、教授職を辞任することに決めた。
しかし病気にもかかわらずニーチェは執筆を続け、1886年には『さまざまな意見と箴言』と『漂白書とその影』が一冊にまとめられ、『人間的な、あまりに人間的なもの』という標題がつけられた。これに続いて『曙光』、『喜ばしき知識』を刊行した。
ニーチェはその後もあちこちへ旅する中でシールスにたどり着き、そこで今まで知らなかった調子の幸福感を得ることとなった。そして夏には同じきものの永劫の回帰の思想「ツァラトゥストラ」への鍵を手に入れた。
1882年にニーチェは友人とともにローマへ行き、ロシア人のルー・サロメと出会った。ニーチェは恋に落ち、やがてルーに求婚したが断られてしまった。それ以降もニーチェのルーへの感情は変わることがなかった。そのことに対して妹のエリーザベットは嫉妬し、ルーの陰口やうわさ話を言いふらすようになり、やがてニーチェと妹は一時決裂するまでに至った。
その翌年、ニーチェはたった10日間で『ツァラトゥストラ』第一部を書き上げ、同じ年に第二部、第三部も書き上げられた。第四部は1885年に完成させている。しかし、これらの作品は当時人々にら理解されなかった。
ニーチェはそれから、1886年の『善悪の彼岸』を初めに三年間で『道徳の系譜学』、『ヴァーグナーの場合』、『偶像の黄昏』、『反キリスト者キリスト教批判の試み』、『この人を見よ』、『ニーチェヴァーグナー』、『ディオニュソス賛歌』という数々の作品を生み出していった。その翌年、ニーチェトリノで精神崩壊することとなった。バーゼルの神経病院に入院し、その時の診断は「進行性麻痺症」であった。その後イェーナの病院に転院したが、次の年には母が自宅療養の許可をとり介護をして生活することとなった。母が亡くなった後は妹が看病を引き継いだ。
そして彼は1900年8月25日に亡くなり、ロェッケン村の墓地に埋められた。
「ヨーロッパのニヒリズムの最大の診断者ニーチェ」として世界的に名声が高まり始めるのは、彼の死後数年たってからであった。

れぽぽぽぽ

フィードリッヒ・ニーチェは1844年10月15日、ザクセン州リェッツエン近郊ロェッケン村で、ルター的信仰にあるニーチェ家の父カール・ルードヴィッヒと母フランツィスカの間に生まれた。
その後フィードリッヒは妹と弟を持ったが、弟は2歳で亡くなり、そして父もその数ヶ月前に亡くなっていたので、彼は女手の中で成長していった。
1850年に、家族はロェッケンからザーレ河畔のナウムブルクへ移住した。
彼は子供の頃から真面目で頭がよかった。家庭環境により、彼はほかの子供たちと遊ぶよりも学者のように字を書いて過ごす方を好んだ。詩や日記を数多く書き、子供らしい遊びをするにもやり方は自分で考え出し、本にまとめるほどであった。小学生の頃すでに才能の片鱗は現れていたのである。また、父から受け継いだ音楽への関心も高めていった。
シュールプフォルタという学校に通うようになり、そこで彼はホームシックから「ゲルマニア」という学術ー文学的な会を設立した。その活動の中で「音楽雑誌」を購読し、これに影響されニーチェはリヒャルト・ヴァーグナーの芸術を好むようになった。また、この頃にニーチェは徐々にキリスト教への疑いを持つようになり、信仰喪失することとなった。ボン大学へ進学し、フランコニアに入会し様々な娯楽を経験したがすぐに脱退してしまった。やがてボンを去りライプツィッヒに移り猛勉強をした。そこで師リッチェルと出会い、彼の指導のもとで文献学の業績をあげ、大学の教授の職を得ることとなった。
大学時代に、ニーチェショーペンハウアーの主著を知り、彼の哲学への情熱をかきたてることとなった。また、ローデという親友やヴァーグナーとの交流も深め、これらの出会いがニーチェという人物の全体像を形づくっていくこととなったのである。
1872年にニーチェの『悲劇の誕生』が出版された。しかしヴァーグナーをとりわけ高く評価し、伝統的な古い文献学的思考と決別した内容であったことから、彼は文献学者としての名声を失ってしまうこととなった。またこの年からニーチェは教授としての勝利と敗北や、バイロイトへ行くヴァーグナーとの別れ、体調不良、学者として孤立した生活など転落人生を歩んでいくこととなる。
ニーチェはその後数年間で、古典文献学者から時代批評家に移行した。そして1873年から1876年の間で四つの『反時代的考察』という本を出版した。第四の『反時代的考察』では、ヴァーグナーの芸術に対し批判的になるという変化があった。
1878年5月には『人間的な、あまりに人間的なもの』をヴァーグナーに贈り、そこに書かれたヴァーグナーへの攻撃的な文がきっかけでニーチェヴァーグナーは決裂することとなった。

れぽぽぽ

私にとって「弱さ」とは、さらなる高みを目指す向上心と、弱い者への配慮や助け合いを生み出すよい人間へと導くものであり、様々な成長が見られることから「弱さ」は「強さ」だと言えると考える。
私たちが否定する「弱さ」というものは、体の一部が人より劣っていたり、貧者であったり、政治的な立場が低いということが挙げられる。
しかし、「弱い」者は「強い」者には見えない目標を立てることや、持っている以上の力を出すことが可能である。徒競走で、目の前に自分より速い人がいると普段より速く走ることができるように、目の前に自分よりも強いもの、優れたものがあった方が人間は多くの力を発揮することができるのである。また、自分よりも強いものがあるということは、これから目指すべき目標を強い人を越すということにそのまますることが可能で、目指すものがはっきりしていた方が努力をする際にモチベーションを保ちやすく、より大きな成長をもたらすことができる。反対に、他に自分より強いものがなくなると、さらに上へと目指そうとする気持ちが薄らいでしまう。明確な目標が立てられないため今のままでも十分だと怠ける心が生まれてしまうからである。
そして、「弱さ」を持っている人は、同じく弱い人の気持ちを考えることができる。例えばお金を持っている人と持っていない人では暮らしている場所さえ違うので、貧者が富者を羨んで考えることはあっても富者が貧者のことを考えることはきっかけすらないのであまり無いことである。それゆえ、この場合の弱者である貧しい人を救うことを考えられるのは、同じく貧しい環境に身を置く者である。人を救いたい、守りたいと思うことは人を強くするものである。子を持つ母が産みの辛さに耐えたり、己を犠牲にしても子を危険から遠ざけようとするように、守りたいものの前では何も無いときより痛みや辛さに耐えることができるようになるのである。したがって、人を助けたいと思う心や、助けられた時の感謝の気持ちを持つことができるのも弱者であるから、弱さとは健康な心の成長を育むことができ、守ることで強さを得られるものだと言える。
以上のことから、「弱さ」は、人に目標を持たせて向上心のある生き生きとした生活をもたらし、同じく弱い者の気持ちを考え助け合うことのできる人間性と心身の強さを形成するので、正しい人間の生き方に導いてくれるものであると考える。
そして、あらゆる面で人間を成長させてくれるものであることから「弱さ」は「強さ」になると考えられる。

れぽぽ

私たちが実際に出会うかもしれない身近にある性の健康に関わる事例を出したテキストを読み、怖いから嫌だとSEXを断ろうとした女性は何を怖いと思ったのかや、ピルを使うと男性に言えるかどうか、ピルを使うことを反対した場合の男性側の心境、浮気をされているとわかった時の性病の危険性の増加について、妊娠したことがわかった時の女性の気持ち、中絶をする際の男女の感じ方の違いや費用、避妊をしてくれない男性の不誠実さなど、テーマをあげて1人ずつどのように考えたかを発表し考察をした。話の広がりの中で、男性の部屋や車に安易に乗り込むのは危険だという指摘や、妊娠の始まりはいつから数えはじめるのか、中絶は初期とそれ以降で費用が変わってくるということ、無料で性病の検査を受けられるところがあること等の新しい知識をファシリテーターの方が次々と紹介していった。
その次に、「デートDVチェックリスト」や「男と女おもいちがいチェック表・青年期」に取り組み、パートナーとの間で当てはまるとDVとなる行動はどのようなものがあるのかということや、男女の間でどれだけ考え方が違っているのかを知り、見つめ直すための活動をした。
グループセッション後は、それぞれのグループで話し合った感想を全員で発表し、総括を再び村口喜代さんにしてもらい市民活動体験は終了した。
今回の活動を通して最も感じたことは、私たちがほとんど性に関する知識を持たないまま生活しているという危うさであった。
自分の体が毎日どのように働いているのかや、ストレスなどでどれだけ変わるのかを知ることは健康面を考える上でも必要なことである。そして、いつ妊娠しやすいのかや、中絶にはいくらお金がかかるのか、性病にかかるとどのような症状が出ることがあるのかなど、詳しく知らず、不確かな知識のまま性の現場に入っていくことは、自分の体を傷つけてしまう恐れがあり、妊娠をしてしまったら命に関わる問題にも発展することなので危険である。正しい知識を持つことは正しい判断に己を導くための第1歩であるので、性に関して今自分が関係ある関係ないに関わらず、誰もが、学校の授業だけではカバーしきれない性の情報を知る努力をしなければならないと感じた。
そして、もう一つ重要なのは、パートナーに対して自分の意思をしっかり持って伝えることである。
SEXをして実際妊娠するのは女性で、中絶するときに体や心が傷つくのも女性、嫌だと思うSEXでも相手に本気を出されたら逃げられないのも女性である。したがって、男女では性に関する感じ方が異なる場合が多い。好きな相手に「NO」と言う勇気はなかなかでないのが現実であると思うが、よい男女の関係を作るためには相手の立場をよく理解し合うことが大切で、そのためにきちんと前もって話し合いお互い尊重し向き合うことを忘れてはならないと学んだ。
今回の活動は女性にとってはもちろん為になる内容ではあったが、男性にも、もっとこのように女性の立場を学ぶ機会をもつことが必要だと感じられた。
社会に出ると、男女平等ではない部分がいくつも存在しているということを思い知らされるという話があった。自らの「女性」という立場を今一度よく考え、また男性にも考えてもらい、より女性が自分の体を自分の責任で管理できる安全な性生活が尊重され守られる社会に変えていく一員とならなくてはならないと考えるようになった。

れぽ

私が考える、老人の言った「御気をつけなさい。御気をつけなさい。…」の意味は、日本では天主教を広めようと思ってもオルガンテイノが伝えたかったようには残らず、やがて造り変えられてしまうから、後悔することになるかもしれない、もしくは、その造り変えられたものによって自分自身の信仰をも変えられてしまいかねないから用心するべきだということなのだと考える。
オルガンテイノがどれほど熱心に天主教を広めて己の使命を果たそうとしても、日本は、外から入ってきたものを容易に受け入れやすい一方で、自らの文化のなかに馴染みやすい独自のものへと変化させることで''日本らしさ''を保ったまま文化を新しく発展させる力を持っている。だから泥宇須がたとえ全知全能であっても、その神性さに日本に存在するあらゆる場所、時の神々が共鳴し、取って代わられてしまう。
人は、全く知らないものに対してはまず警戒したり、すぐには理解できなかったりして、親しみが持てるようになるまでに多くの時間を必要とするものである。しかし、自分のよく知っているものと合わせて考えると、例えば誰か知らない人を説明する時に芸能人のあの人に似ていると言うとイメージしやすくなるように、''分からなかったもの''はたちまち明瞭になり、人々の胸の内にすんなり入っていきやすい。
それ故、人はもともと知っていて慣れ親しんだものを求める傾向にあると言える。そして、文字といった新しい文化が入り込んできても、受けとってそのまま用いるよりも、もともと日本にあるものと掛け合わせた新しい使い方に造り変えたり、大日孁貴を大日如来と同じものだと思わせても人がイメージする大日如来は大日孁貴にしかならないといったことが起きるのである。
老人はまた、オルガンテイノ自身も百合若と同じように日本の土人に変わってしまう可能性についても注意している。
その証拠に、『神神の微笑』の削除分では、オルガンテイノが見ていたフレスコの無花果鬱金桜に、邪蘇の顔が老人(日本の神)に変わっている。オルガンテイノが知らず知らずのうちに、日本の神に会ったことで百合若と同じように彼の中の天主教が日本文化に侵され始めていることを意味しているのだと考える。
これらのことから、「御気をつけなさい。御気をつけなさい。…」という台詞は、日本では思っているように天主教を広めることができないということや、オルガンテイノ自身の信仰のあり方を変えてしまう可能性があることを忠告しているという意味を持っているのだと私は考える。

レポート

事務所に勤務する従業員の傾向の調査を見ると、全体的には、正規社員が多いという回答が75.8%、非正規社員が多いという回答が14.7%と正規社員が多いところが多かった。男女の比率に関しては、男性が多いと答えた割合が59.8%、女性が多いと答えた割合が30.1%と、約2倍もの差がついていた。
ワークライフバランスの認知度・理解度についての調査を見てみると、「内容までよく理解していた」という回答はわずか10%しかなく、「わからなかった」という回答が47.1%とおよそ半数を占めるという結果だった。
ワークライフバランスの取組についての調査では、8割を超える事業所が何らかの取組を実施していると回答した。その取組内容は、「残業縮減」や「時間管理意識の向上」が過半数を占めていた。
今後の取組に対する意欲調査では、「積極的に取り組む」という答えが16.1%、「取り組む必要はあるが、緊急ではない」という答えが64.0%、「取り組む必要を感じない」という答えが6.8%であった。全体的に、ワークライフバランスに取り組む必要性については感じている割合が大多数だったのでいい傾向ではあるが、実際に取り組もうという意欲にはあまり繋がっていないというのが現状であった。
子育て・介護に関する支援についての調査では、育児休業取得者の男女比を見ると女性が9割以上を占めており、介護休業取得者の男女比でも6割が女性と、性別役割分業がまだまだ残っていることが感じられた。また、そのせいで育児休業取得を申し出された時の対応が男女で異なるという結果を招いている。男性従業員への好意的な対応は約4割であったのに対し、女性従業員へは約7割が好意的な対応であった。介護休業取得を申し出された時の対応も同様に女性従業員への方が好意的であった。
子育てや介護を支援する制度の利用促進の実施状況についての調査では、実施しているという回答が45.8%であった。事業所規模別に見ると、規模が大きくなるほど実施している割合が高い傾向にあった。
これらの調査から見えてきた課題は、まず第一にワークライフバランスについてもっと認知度・理解度の向上を図ることである。認知度が低ければ、仕事と生活を両立しやすくする取組を目指す意識作りをすることができずワークライフバランスを広めることも叶わない。また、ワークライフバランスの重要性や、取組によってどんな効果が得られるのかを正しく理解してもらうことで、必要性を感じるだけでなく実際に積極的に活動する意欲も向上させることができると考える。
第二に、男女の役割分担意識をなくすことである。全国的に見てもそうであるが、宮城県も性別役割分業が残っている。家事を女性の仕事だと見なすことは女性にのみ家事と仕事の両立を難解にする上、男性側が育児や介護の休業取得をしづらい、受け付けられない環境を作り出してしまう。そうならないためにも男女平等の意識作りが重要になってくる。